ぴよべれ徒然ブログ。

端から端まで基本塚菊・全体的にオタク話。 男同士のイチャイチャです。 OK?

--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.06.25

予定。

これ書き終わってから、
トップとかノベルとかいじってアップしますー。
どもども、何げにギリギリ月一?茶瓜です。
ちょっと前に書き終わってた短い話なのですが、(またか!)
なんだろ、菊が変態くさい気もしますが、
そうでもないよ!そうでもないよ!?
ホントは昨日しようと思っていたのですが、
うっかりやる気なくだらっとしてしまったので。てへ★
一時間見ていただければ確実にあがっているかと。

そういえば、最近やたらとケーブルテレビで
アニプリをしてるんですが、
日曜の朝?かな?にこんな番組やるよーみたいな
コマーシャル?があるんですがそれで、
「君たちもこんな中学生になれるかなっ?」とか言ってて!
なれるかーーーーー!!!!!!!!
みたいな。(笑)
思わず起き抜けに裏手ツッコミですよ。
機会があったらご確認をば。

ウェブ拍手、ありがとうございます!
16日21時 とても素敵な話~の方
お返事遅くなってすみません!
嬉しすぎるコメントありがとうございます!
男前菊良いですよね!
えへえへ、お気に召していただいて嬉しいです!
コメント、ありがとうございました。

・なつるさん
お返事遅くなってすみません!
わー!お祝い、ありがとうございます!
梅とかでクエン酸を摂取して頑張ります!(笑)
やった!なつるさんも学ヘブ好きですかーー!!わーいわーい!!
副会長も好きですが、是非とも和啓にはまっていただきます!(断言!/笑)
あることないこと(笑)吹き込んじゃいますよ~!
えへへ、ぼちぼち頑張りますー★
嬉しい告白もありがとうございましたv

他、何もしていないのに拍手ポチポチいただいた方!
ありがとうございます。感謝感謝ですv

えーと、追記書きます。
事の発端を以前書いたので、結末も書いておこうと思います。
どっぷり凹みまくった話なのですが、メモ程度に残しておきます。
読んでもいい気分にはならないので、あまり読むこともお勧めしません。
んーっと、ちょっと気持ち悪いというか、
お食事中の方はおよし下さい的な事も書きますので、
苦手及び嫌な方は読まないことをお勧めします。
よろしければ、追記にどうぞ。









====================================

さて、追記ですが、結果だけ言ってしまえば、

実家のワンコが天に召されました。

です。
うん、ついに、ですね。
自然死だったら良かったのですが、安楽死です。
安楽死の是非はここでは置いておくとして。

起こりは一昨日夜の母親からの電話だったのですが、
ひな(犬の名前)がね?と言われたので、
死んだの!?と聞き返したのですが、そうではなく、
本当にもう、可哀相で可哀相でならない状態になってしまったので、
安楽死させようかどうか、意見を聞かれたんですよ。
その時に聞かされたのが、もうホント、
聞いてるだけで涙が出て来るくらい、酷くて。
5月に実家に帰ったときに、鼻の穴の端あたりに腫瘍…かな?が出来てて、
ずっと血は止まらないし、息も満足に出来ないから
夜中に苦しそうにひゅーんって鳴きながら口で息をしてたのですが、
その腫瘍のようなものが口の中にも出来て、
食べ物を食べるときも水を飲むときも痛いみたいで、飲食できなくて、
親が手でご飯をあげると食べるのですが、三口くらいですぐ吐いちゃって…
そんな状態の上に、鼻から内臓が出そうになってたこともあったみたいです。
乳ガンもあったので胸の方を触ると腫瘍が大きくなってたり。
目やにが止まらなくて、とってやってたらしいのですが、
気付いたらハエがたくさん止まってて、
払ってやったらそこに蛆がわいていたりしてたんだそうです。
一部ですが、骨も見えていたりで…
立ち上がったり顔を上げるのも辛いみたいで、
ずーっっとふせよりもっとべったりと寝ていたそうです。
息も凄く辛そうに荒くて。
もうホント、聞いてるだけで痛そうでしんどそうで可哀相で。
聞いているだけでもそうですけど、
弟でも見てるだけで涙が出るって言ってるくらい顔も変わっていたそうです。
それを聞かされた上で、どうしたらいいか、と意見を問われたんですよ。
そんなの、じゃあ、楽にしてあげれば良いよ!
なんて言えるわけないじゃないですか。
でも、そのままにしていても、
ものが食べられないわけですから下手したら餓死とか、
弟はそのまま腫瘍が大きくなったら息が出来なくなって
窒息しちゃうんじゃないかって言ったのですが、
そんなのって嫌じゃないですか。
でも、息するのも苦しいくらいですし、
でも、まだ息してるのにすぐ会えなくなるのは…
と思って、結局その時点では返事は出来なかったのですが、
翌朝獣医さんが昼までの診察だったので、
朝に返事をくれって言われてその時は電話を切ったんです。
で、考えて、収拾つかないから寝て、起きてからまた考えて電話したのですが…

弟が車で事故っていてですね。

えぇ、ビックリですよ。タイミング悪いな、弟。
車は見事廃車だそうですよ。
本人自体は入院するほどではないみたいですぐ家に帰れたみたいですが、
目の奧で内出血していて、藻みたいなのが見えるんですって。
それが出血した血液らしいのですが、明日検査に行くそうです。
失明することはないみたいなのですが、
0.2だった視力が多分もっと悪くはなるみたい。
さっき電話したらいつもの如くの軽口しか叩かないような(笑)弟だったので、
大丈夫みたいですが。でも体は痛いみたいだし、気を付けろよ?

それはさておき、そんなことがあってとにかく病院行くからって事で
今のひなの状態?が、いつもべったり寝そべって顔上げられないのに、
今日は顔を上げてるんだよって言ってて、
何か、死ぬ直前の人が一瞬だけ元気になったりするって言うじゃないですか。
あれを思い出して、逆に心配だよーって話だけをして電話切って、
病院からの帰り道でまた電話かかってきて
弟と事故の経過を聞かされたのですが、多分病院は時間が間に合わないから、
ひなは来週に延びるだろうって事で電話を切ったんですよ。
一応今日は部屋にいるから、何かあったら電話してっ言って。
で、次に電話がかかってきたのが1時前。
母親が号泣しながら電話かけてきたので、
まさか家に帰ったらひなが死んでたとか…!?と思ったのですが、
そうじゃなくて、ギリギリ時間に間に合いそうだったので、
病院に連れていって安楽死させたよって、事後報告でかけてきたんですよ。
なんか、今から病院連れていくって電話もなかったし、
全然茶瓜的に準備が出来てなかったのに、いきなりひな楽になったよって…
そんなこと言われても!!!みたいな。凄い呆然とした、と言うか。
診察台の上に乗せても母は迷っていたようなのですが、
足から注射を入れて、すぐに荒れていた息がすーっと止まって、
少しして心臓が止まったそうです。
母方の婆ちゃんは茶瓜の実家での自宅看護で看取ったので
その時も思ったのですが、ホントに一瞬というか、
す、と止まって、それでもう動かないのですよね。
そんな感じだったそうです。
病院に行く際、いつもは車に乗るのを嫌がるのですが、
その時は素直に乗ったそうです。
朝からずっとぐったり倒している顔を上げていたそうですし、
何か気付いてたのかもしれないね、と後になって母と話しました。
今から焼き場行くからって言われて、
どうやら人間の焼き場と同じ所でやってくれるらしくて、
今向かってるからーって、電話がかかってきたのですけれど。
もう、呆然。ですよ。
良くわからない内にすごい焦って
ブログに上げてたひなの写真を取ってきて…
以前携帯が壊れたので修理出したら、
全部データーが消えて返ってきた上に直っていなかった
というゆゆしき自体故消えていた!ので、
その写真を待ち受けに設定ですよ。何か、もの凄い焦って。
で、その所為でひなが焼かれる時間を聞き逃したお馬鹿茶瓜。
ペットの骨は何匹かでまとめて焼かれて、
(自分のペットの骨がどれかはわからないし、持ち帰りも出来ない)
一年に一度、ペット専門の神社に持っていって供養してもらうそうです。
うん、そんな感じで、茶瓜知らぬ所でひなはいなくなったのでした。

呆然としすぎて、あまり泣いてもあげられてないです。
弟は事故のショックでボーっとしてて
意識があってなかったような感じらしいので、
ひなを病院に連れて行くよって言われてもわかってなかったみたいで、
結局弟がきちんと理解したのは今日の朝だったそうです。
茶瓜みたいに凄く離れてて、会いに行けないって距離でもないのに、
看取ってあげられなくて、すごい悲しいし、悔しいし、
愕然としたみたいです。すごい泣いて、
床の間に母方と父方の祖母の位牌と線香・ろうそく立てがあるのですが、
その横に母が作ったひな用の線香立てにお線香あげたときにも
泣いたって言ってました。

再来月に実家帰った際、ひなが小屋の中で伏せしていて、奧に花が供えてあって、
両親を振り返ってひな生きてるじゃん!冗談だったんじゃん!
と言ったら、両親に目を反らされる夢を見ました。
…どういう意味の夢だかさっぱりですが、ずっとそこにいるよりも、
ゆっくり眠って、もう一年以上出来なかった駆け回ることを
天国でしていて欲しいです。
その後見た、ひなが一匹で原っぱの中を
思いっきり駆け回っている夢が本当でありますように。

去年の正月、盆過ぎにそれぞれ母方父方の祖母が亡くなったのですが、
2人と1匹それぞれ宣告されて、誰よりも先に居なくなっちゃうと思っていた
ひなが一番長生きしてました。
生まれは元旦で11年とほぼ半分。小5の2月からのつき合いです。
1年も生きられないって言われていたのに、1年8ヶ月生きていてくれたので、
凄く頑張ったなぁ、とも思いますし、
あと一月半頑張ってくれたら、どんなに顔が変わっていても良いから、
見なくて良かったんだよ、って母に言われましたが、それでも良いから、
会いたかったなぁ、と思います。茶瓜のエゴですが。
撫でくりまわして、ぎゅうぎゅうして。
小屋の中にお水と花を供えたそうなのですが、
多分、夏に帰ったときはそこにある花と、
ひなが居ない空間を見て私は泣くんだろうなぁ、と思います。

どっぷり暗い話ですみません。
付き合って下さった方、ありがとうございました。
スポンサーサイト

COMMENT

COMMENT FORM

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。